スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱のカデンツァ

51HZ71JJZBL__SL500_AA300_.jpg


書名:情熱のカデンツァ
著者:小菅優

NHK出版 1400円

219ページ 2005年9月25日発行


日本は優れた演奏家を何人も輩出している。

日本人が奏でる音色というのがヨーロッパで受け入れられて、高い評価を受けている。

ピアニストというのは、世界中で何人いるのかもはや分からないくらいいるが、

千差万別、実に多様な表現をして、これは一種の驚きである。

その人が出す音はその人の人生を表現し、年齢、出身国、境遇にいたるまで全てさらけ出してしまう。

私がこの著者の出す音色がすきなのは、このエッセイ集を読んで本人のことを

少しよく知っているからかもしれない。

続きを読む

スポンサーサイト

CDで分かる ヴァイオリンの名器と名曲

CIMG6886.jpg

書名;CDで分かる ヴァイオリンの名器と名曲
編著:田中千香氏

ナツメ社 2000円

158ページ 2008年7月28日


本書でも引用されている、ジブリの名作、「耳をすませば」でヴァイオリン職人志望の中学生、

天沢聖司が登場する。その聖司少年が修行先として選んだのがクレモナ。

西洋美術といえば日本人ならまずイタリアを思い浮かべるだろうが、

西洋音楽を彩る弦楽器の究極進化系ともいえるヴァイオリンの聖地がここである。

ストラティヴァリの名はクラシックを知らない人にも有名であり、

アマティの音色は特に日本人を魅了させる響きを持つ。

モダンにはないオールド特有の響きを堪能できるCDまで付いた、

ヴァイオリン好きや音楽好きの人にはたまらない一冊。

続きを読む

カラー図解 楽器から見る吹奏楽の世界

51emcgL2BiHL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


書名:カラー図解 楽器から見る吹奏楽の世界
著者:佐伯茂樹

河出書房新社 2000円

143ページ 2009年10月30日初版発行


今でこそラグビー部に所属しフィールドを駆け回っている自分であるが、

中学、高校時代は吹奏楽部に入っていた。もともと文科系である。そもそも運動が得意ではない。

六年間、吹奏楽を経験できたのは良かった。まがりなりに楽器を吹けるようになったし、

拙曲ながら、作曲をたしなむようになった。

吹奏楽の世界は知れば知るほど奥が深く、また、皆で素晴らしい演奏を作り上げることが楽しかった。

現在は作曲のみ、それも、吹奏楽曲はまだ手掛けていない。

楽器を知り、作曲に役立てようと手に取った一冊。(多少は音楽療法の参考にしようとしていた。)

続きを読む

ホルニストという仕事~音楽家のビジネス・ライフ

CIMG6792.jpg

書名:ホルニストという仕事~音楽家のビジネス・ライフ
編者:ポール・プリッチャード 訳者:山田淳

春秋社 1800円

204ページ 2002年3月10日4版発行

The Businessという原題のこの本、イギリスの音楽家五人による、これからプロの道に進む

若者たちに対するアドバイスがこれでもかというほど親切に書かれている。

一旦プロになってしまうと、これまでの実績とかはまったく関係なく、

自分の実力のみが頼りになっていくのはどこの業界でも同じだ。

しかし、音楽大学を出たばかりの新米音楽家にとって、クラシックの世界は本当に厳しい。

最低限知っておくべき「常識」というものは存在した!

かつて、高校を卒業してバイトに応募するも、なかなか最初は勝手が違って苦労したのを思い出す…

続きを読む

子供の声が低くなる!―現代ニッポン音楽事情

CIMG6791.jpg

書名:子供の声が低くなる!―現代ニッポン音楽事情
著者:服部公一

ちくま新書 660円
219ページ 1999年12月20日第一刷発行


音楽エッセイ。

前口上 音楽の教科書なんていらない
第一楽章 現代日本音楽に異議あり
第二楽章 日本ドレミファ一代記
第三楽章 当世ドレミファ教育事情

と銘打って、西欧音楽の日本における普及、そして「ドレミファ先進国」入りを果たしている、

現在の日本の音楽事情について語っている。

まあ10年前の「現在」ではあるが…

続きを読む

プロフィール

らばshinn

Author:らばshinn
らば(20)です。
気づいたら2年生。
医学の勉強本格化。
希望者がいれば小論文見ますよ。
まあ、お役に立てるかどうかはわかりませんが。
raba_oath★live.jp (★→@)まで連絡下さい。

猫の時計

powered by ブログパーツの森
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。