スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片思い百人一首

書名:片思い百人一首
著者:安野光雅

筑摩書房 1800円

237ページ 2000年12月15日発行


人の歴史に詩(うた)あり。そういえば自分の曽祖父くらいの代になると、俳句や短歌を嗜む人は多かった。

それも、日常的に書き溜めており、17文字、あるいは31文字に秘められたもののあはれに、

こころうごかされることもある。


ところで百人一首は高校の古文の時間などで読むことがあろうが、高校時分にあれを親しみを持って味わうのは、

結構厳しい。自分はこの本で改めて百人一首に触れたが、やっとその味わいを汲み取れるようになった。

何しろ、高校のときは辞書なしでは詩の大意さえ取れなかったのだから、進歩である。


下二句は本歌から、そして上三句に著者の人生を練りこむというパロディ歌集。

それぞれの歌に解説が付いてあり、特に戦争時代の経験を詠んだ部分が心に残った。




続きを読む

スポンサーサイト

あの世のお迎え?まだノーサンキュー



書名:あの世のお迎え?まだノーサンキュー
著者:扇彩子

日本文学館 1000円

195ページ 2004年2月15日発行


日本は超高齢化社会である。これからの主役は老人達になるのかもしれない。

しかし概して、老人たちの声というのはなかなか反映されず、身近に感じることもない。

ユーモラスなタイトルのこの本は、自称「能天気婆」が、この世を気ままに生きようとする心情、

また、最近の世の中、若者たちに対する考え、老人の生き方など多岐にわたって自由詩の形でつづっている。

表題の詩は巻頭に来ており、見事に五七の歯切れのよいリズムでうたいあげる。

現在70歳になられるはずである。これからもどうぞお元気で。

続きを読む

チョコレート革命

CIMG6788.jpg

書名:チョコレート革命
著者:俵万智

河出書房新社 1000円

166ページ 1997年8月22日43刷発行

著者第三の歌集。28歳から34歳までの六年間の作品を集める。

「恋には、大人の返事など、いらない。君に向かってひるがえした、甘く苦い反旗。」

男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命起こす

表題作、チョコレート革命。

18歳の男の自分が、この歌集に真正面から取り組むのは大変だった。

恋の歌。旅した土地の歌。

どれも衝撃的。与謝野晶子のみだれ髪を読んだ当時の男子の気持ちかも…

続きを読む

プロフィール

らばshinn

Author:らばshinn
らば(20)です。
気づいたら2年生。
医学の勉強本格化。
希望者がいれば小論文見ますよ。
まあ、お役に立てるかどうかはわかりませんが。
raba_oath★live.jp (★→@)まで連絡下さい。

猫の時計

powered by ブログパーツの森
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。