スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月20日 留年回避!

留年回避しました。見事なグレイズです。

この半年で高校3年間分より多くの知識を詰め込んだ気がします。

まあ、それをぜんぶおぼえてる訳じゃないですけどね。

高校の知識は頑張って全部覚える。

これが違いなのかな。書評はまた今度。再試が終わってからでも。
スポンサーサイト

9月17日 定期テストの話

定期テスト、とは、普段の授業内容に対する理解度をはかるものである。


要するに授業の内容をしっかり押さえりゃ高得点は可能だ、と。

家庭教師で定期テスト対策は結構きつい。

だって授業を聞いている訳じゃないからヤマが張りにくいのである。

ただし絶対聞いてくる重要なポイントは知ってるから、それでも生徒に頼られるのではあるが…


自分が中学3年生の時、学校の勉強の予習・復習に時間をかけすぎていて、

定期テストの点だけで満足していることに気づいた。(遅い)


定期テストで最初の、そして最後の1位を取ったのが3年生の前期第2中間。

しかし模試の数学が出来なかった。

数学の勉強をいまいちわかっていなかったのもあるが、やはり勉強量も少なかった。


学校によっては、毎日のノルマが決まっていて、

その量が多ければ多いほど、それだけで満足してしまう事がある。

しかし実際はPlusαで頑張る人が、受験にも合格する。

自分は高校2年生あたりから大あわてで受験数学をやった。


家庭教師や塾に通っている人も陥りがちなことで、

常に先のことに対する明確なプランを持ち合わせていないと、

モチベーションの維持というのは本当に難しい。


結局のところ、時間は限られている。

それをわかっているつもりで、今の勉強を続けるのか、それとも思い切って変えてみるのか、

考える機会は多ければ多いほどいい。それが模試の位置づけではないだろうか。


しかし、特に英語は、定期テストのときに例文を詰め込む、

本文を覚えてしまう、問題のパタンをとらえる。

繰り返しの勉強が出来るチャンスである。

特に中学生はこれをおろそかにしちゃいけないと思う。

そう言ってるんだがなぁ…

9月17日 かつて先生にのせられた話(社会)

理系に進んだにもかかわらず、文系科目が得意だ。

特に国語とか社会に関しては今でも好きで勉強するくらいである。


自分が読書好きであるということも大きな理由ではあるが、

心当たりがあるとすれば、もう一つ。


中学校に入学したとき、とりあえずこれは奇跡的なんだと思った。

受験会場で算数が終わったとき、もう落ちた、オワタと思った。

そしてまさかの追加合格。

入学できたのはいいが、周りが頭良さそうでガクブルだった。

(眼鏡のせいかもしれない)


そこで、大して覚える内容も少ない中学1年の前期から、自分はかなり勉強した。

4月の始め、社会の授業でノートをまとめる課題が出た。

社会課は基本的にプリントだったが、それを復習することが求められたのだ。

で、時間だけはたっぷりあったので、丁寧にノートを取った。

これがほめられたのである。

「このノートだったら買いたいくらいですね。」

クラスでのこの一言は効果があった。

勝手に勘違いしてその後も丁寧にノートを取った。

今では信じられないが最初は5色で、イラスト付きであった。

(もっとシンプルなのがいいと気づき、後に2色になる。)


すると今度はテスト前にノートの内容を全部覚えられるようになった。

赤シートで消えるようにして何回も確認し、試験範囲は徹底的にさらった。

高校で習う程度、しかも理系ならば、これが可能な量だった。

応用の記述も、覚えた言葉と、読書の知識で補っていけた。

高校二年生の時に地理オリンピックの国内選抜で銅賞を取れた。

理系の単なる地理好きとしてはこれで十分だった。

センターでは2問ミス。十分すぎた。


担任の一言でここまでのせられたんだから自分は全く単純じゃないか。

しかし、単純で愚直に勉強を重ねる人ほど、勉強の成果は出やすいのではないか。

あとはいい先生、いい参考書、そして情報戦を制することである。


あっちこっちと迷走するのは良くないにしても、

自分ももっと数学に関してがんばっていれば、まさかのセンター6割は回避できたと思う…


長くなったな。スマンスマン。


8月26日 戦いの序曲

ひっそりと…こんばんは。

大学生が年に二回戦う時期…定期考査です。

私たちは肉眼解剖学、組織学、神経解剖学という3大巨人に挑んでいるところです。

明日からいよいよ始まります。

…倒れないようにがんばるつもりです。


進級のシステムが厳しくなり、この1週間で即留になる可能性もあるのでみんな必死でした。

夏休み中もみんな勉強してました。さすがに範囲が広かったです。

シケタイだけでコピー用紙がブロックでなくなるってどういうこと。


医学部って…本当に入ってからが大変なんだなあと、切に思います。

夏期講習とか、今年の受験についてなんかも追える暇ができるといいなあ、はあ。

6月3日 広告ブレイカー!


実習が週5回ありまして、バイトと部活も相まって忙しくさせていただいております。

そろそろ解剖学も組織学も佳境に入ってきましたが…

今週末にはまた口頭試問の再試があるわけです。

勉強するべきことがでるわでるわ。大量ですな。

受験勉強で覚えることなんて…実はそんなに多いわけでもなかった。

でも小中高と、覚えること理解すること、勉強することの「方法」を学んできたからこそ、

学問の世界に飛び込めるわけですな。

人間の能力は計り知れません。ほんと。

プロフィール

らばshinn

Author:らばshinn
らば(20)です。
気づいたら2年生。
医学の勉強本格化。
希望者がいれば小論文見ますよ。
まあ、お役に立てるかどうかはわかりませんが。
raba_oath★live.jp (★→@)まで連絡下さい。

猫の時計

powered by ブログパーツの森
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。